Re:おっさん 2nd.season

建売住宅での日々と趣味を中心に綴っていきます

「麒麟がくる」

ある女優さんの不祥事で放送が少し遅れた2020年の大河ドラマ麒麟がくる」。初回放送が先日放送されましたが、皆さんは視聴されましたでしょうか?

 

f:id:leossan:20200121030609j:plain

NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』より引用

私はと言いますと…誰の影響か知りませんが大河ドラマが割と好きで、中でも「戦国時代」はかなり好きな分野です。もちろんそれ以外の時代の日本史のお話も好きですし、世界史も好きです。

視聴しないという選択肢は無いのです!

ちなみに…「いだてん」は数分で脱落しました…。

 

今回の「麒麟がくる」の主人公は明智光秀

本能寺の変」で織田信長に謀反を企てたことで有名な武将ですが…謎が多い人物です。出生も定かではなく、彼の前半生は謎に包まれています。

放送でも成人している段階から登場しているのはそのためなのだろうと思われます。

 

土岐氏の流れをくむ土岐明智出身と言われていますがこれも定かではありません。美濃出身というのは”明智”という珍しい苗字、美濃にある”明智”と”明知”というお城からも信憑性は高いと思います。

 

さて、少し歴史に詳しい方なら視聴して「ん?」と思ったはずです。

明智光秀の前半生は謎に包まれていて、解明されていません。にも拘らず、件の女優変更で話題になった「濃姫」が光秀の従妹となっており、その母(斎藤道三の妻)が光秀の叔母にあたる「小見の方」となっています。

 

正史とは違う…と言ってもその正史がハッキリしていないのですが…この設定は「国盗り物語」!司馬遼太郎の「国盗り物語」だ!と思ったはずです。

あ、ちなみに「国盗り物語」も大河で放送してましたね…。

この時の「濃姫」は松坂慶子さんでしたねぇ…。個人的には「信長協奏曲」の「濃姫」役だった柴咲コウさんのイメージも強いです。

 

そう言えば、「国盗り物語」では濃姫と信長の仲は良かったかと思いますが、同じ司馬遼太郎作の「功名が辻」ではそうでもなかったかも?

主人公が山内一豊の「功名が辻」も大河で放送されていますが、今回は「国盗り物語」をベースに設定されているのでしょうか?(事前情報をまったく得ていないもので)

 

どちらにせよ「濃姫」役がとても重要だったことは想像に難いです。

 

個人的には件の女優、沢尻エリカさんの演じる「濃姫」も見てみたかったという心残りはかなり強いのですが…絶対ハマり役だと思っていただけに残念です…。

登場シーンは少なかったですが、急遽代役を演じる事になった川口春奈さんの立ち居振る舞いも様になっていて期待は出来そうです。

 

若干の不安を覚えるところは…信長役の染谷翔太さんでしょうか…。信長役にしては顔が可愛すぎないか!?

個人的には声優の大塚明夫さんが今後も絡んで来るのかが気になります…。もう数回…できればあのいい声を聞かせてもらいたい…!

 

と、勝手に想いを膨らませながらも、今年の大河ドラマは楽しめそうでワクワクしています。

 

今回は完全に駄文で申し訳ありませんが、気になりましたら是非ご視聴してみてください。今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。