Re:おっさん 2nd.season

建売住宅での日々と趣味を中心に綴っていきます

NO MUSIC,NO LIFE 9 「THE FIRST TAKE」&「THE HOME TAKE」

「音楽とは、何か。一発撮りで、向き合う」というコンセプトをもとに、2019年11月よりYoutubeに投稿されている「THE FIRST TAKE」。

緊急事態宣言を受けて収録はストップしていましたが、現在は「THE HOME TAKE」という新コンテンツを公開しています。

今回は「THE FIRST TAKE」&「THE HOME TAKE」から数名紹介してみます。

f:id:leossan:20200627174309p:plain

通常リリースされる楽曲は、何度もリテイクを繰り返してレコーディングされ世に発表されることが当たり前でしょうが、この企画は「一発撮り」。

リリースされた通りに歌おうとするアーティストもいれば、楽曲を完全に自分のモノにして歌うアーティストも…。

たまにNGっぽいこともあるけどそれもまた面白みです。

 

1.LiSA - 紅蓮華 

www.youtube.com

鬼滅の刃の大ヒットで一般の方々にも知られるようになったと思われるLiSAさん。「THE FIRST TAKE」の中では断トツの5500万回再生となっています。

ブログ開始直後にライブに行きたいなぁという記事を書いた気がしますが…チケットが取れずに未だに行けてません!

現在「THE FIRST TAKE」に出演された方々の中では、圧倒的に場数が違うためか余裕すら感じる歌いぶりです。

「unlasting」も披露されていますが、是非「シルシ」も歌ってほしい…。

 

2.石崎ひゅーい - さよならエレジー

www.youtube.com

NO MUSIC,NO LIFE 7 「春うた」の中では「ピリオド」という楽曲を紹介しましたが、今回は菅田将暉さんに楽曲提供した「さよならエレジー」。

自身で作詞作曲した楽曲ということもあって、哀愁が漂う素晴らしい仕上がりです。

変調前にギターのピックを落とすハプニング在りますが、その”間”すら味があっていい…!

 

3.TK from 凛として時雨 - unravel

www.youtube.com

さて、ややこしい?ですが「凛として時雨」ではなく、TKのソロプロジェクト「TK from 凛として時雨」です。

裏声を多用した楽曲なのでどんな風になるか興味津々だったのですが…圧倒されたとしか言いようがない物凄い出来です。

「東京喰種」のOPとして使用された楽曲ですが、どうしても主人公の心情とリンクしてしまう…。

 

4.女王蜂 - 火炎

www.youtube.com

「東京喰種」繫がりで「女王蜂」さん。

楽曲は「どろろ」のOPに使用された「火炎」。「BL」も投稿されていますが個人的にこちらの方が好み。

初めて耳にされる方は、歌い始める前の発声からのギャップにきっと驚くと思います。力強いパフォーマンスと次第に楽曲に入り込んでいく様は目を見張るものがあります。んー、なんか好みなんですよねぇw

 

5.SawanoHiroyuki[nZk]:Yosh (Survive Said The Prophet) - BELONG

www.youtube.com

え?誰?

そう思った方もいるかもしれませんが…多くのアーティストに楽曲提供されている澤野さんの楽曲は、きっと知らない間に耳にしている方が多くいらっしゃると思います。いずれも素晴らしい楽曲ばかりなのでググってください。

Yosh?誰?

「survive said the prophet」、通称サバプロのヴォーカリストです。

いいんです。知らなかったとしても、今日ここで覚えて行けばいいんですよ!

英語力もですが、歌唱力がマジでヤバイ…!

澤野さんは「SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki - aLIEz」も公開されていますが、「A/Z」も聴きたかった…。

 

6.milet - inside you

www.youtube.com

こちらは「THE HOME TAKE」から、miletさんのデビュー曲「inside you」。

間違いなくどこかで耳にしていたはずなんですが、私が彼女の楽曲をしっかりと認識して聴いたのは「us」でした。こちらも「THE HOME TAKE」に投稿されています。

ソニーは今まで多くの逸材を潰してきた実績があるので…マジでゆっくりでいいから、大ヒットしなくてもいいから、miletさんを大事にしてほしい…。

 

7.YOASOBI - 夜に駆ける

www.youtube.com

 前回の「NO MUSIC,NO LIFE 」でも紹介した「YOASOBI」。

「RAD」のカバーしてる頃から比べると、いくらさん(幾田りら)綺麗になったなぁ…というおっさん目線は置いておいて…原曲とは違いスローテンポで低音にアレンジされた「夜に駆ける」もいいですなぁ。

 

 

さて、紹介させていただいたアーティストさん以外にも数多くのアーティストさんが参加されている企画になっています。

独特の雰囲気を醸し出す「THE FIRST TAKE」、そして「THE HOME TAKE」。気になった方は是非チェックしてみてください!

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。