Re:おっさん 2nd.season

建売住宅での日々と趣味を中心に綴っていきます

「君の名は。」が見られない

唐突だが、私は新海誠監督の作品が好きだ。

当時の私はアニメを見まくっていた。運命でもなく偶然でもなく必然。

彼の、あの作品にたどり着く…。

 

ほしのこえ

 

言うまでもなく、新海誠監督の劇場映画初作品。

ちなみに初監督作品は「彼女と彼女の猫

決して傑作と評価できる作品ではないし、そもそもアニメーションとして見るに堪えない場面も多い。

ただ、私はこの作品に心を惹かれてしまった。心を打ち抜かれてしまったのです。

 

”私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ”

 

ああ!痛い…痛すぎるキャッチコピー…!だがそれがいい

 

作品としての世界観は壮大なのですがハッキリ言って全く描き切れていません。素人目に見ても「ん?」「今のシーンいる?」など疑問が残る場面も多々ありますし、ロボットのCGも決して評価できるものではありません。

また多くのアニメ作品の影響を受けまくっているのも間違いないでしょう。

エヴァ」「トップをねらえ!」「マクロス」など数々の作品の設定や描写を引用、もしくはオマージュとして表現しています。

なかでも印象的なのはやはり、美加子と昇のメールのシーン。キャッチコピーを体現したような二人のやり取りは紛れもなく「トップをねらえ!」そのもの…。

 

アニメーション作品、ひとつの映画作品として評価するならばハッキリ言って駄作です。

ただし、この作品のほぼすべてをたった一人で作り上げたことには感服しますし、何より当時の新海誠がやりたいことが全部詰まった作品としてみれば面白い。

もちろん当時はそんなことを感じることはありませんでしたし、次回作が発表されるとも思っていませんでした。

 

言ってしまえばこの作品は”卒業制作”のようなノリで、自分の好きなこと、やりたいことを全部乗っけた作品です。その先を見据えているとは思っていませんでした。

 

たまたま機会が訪れたのか、最初から先を見据えていたのかは私には分かりませんが、新海誠という男は次々と作品を作り上げ、その度に私の心に突き刺さる作品ばかりを作り上げていきます。

ヒットするとかしないとか、そんなことは私には関係ないのです。

いや、そもそも彼が描きたい物語をストレートに描けば…それはきっと大ヒットする作品にはなりえないと思うのです。

 

ほしのこえ」を総評すれば単体の映画としてみるには少々厳しい作品になるかと思います。傑作でも、良作ですらないでしょう。

ただし、新海誠という人間を知るためにはこの作品は必須です。必見です。

少々行き過ぎた点はありますが、この作品のテーマはこれ以降の作品すべてに共通しているからです。

 

「時間」「距離」「速度」

 

この3つは新海誠作品の中では決して切っても切れないテーマになっています。

物理的、心理的両面において、この3つが最重要のテーマとして置かれている!勝手にそう感じています。が、彼の作品を見ていればそれはおのずと見えて来ると思うのです。

 

新海誠ファンであるにもかかわらず私は未だ「君の名は。」を見れずにいます。

あれだけの大ヒット、ブームを生み出せば作品を見ずしても凡その内容は理解していますし、そのことは素直に喜ばしい事です。

ただ、私は未だに「君の名は。」を見れずにいます。

今更ですが「君の名は。」を見るために過去作品を振り返ってみました。

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。