Re:おっさん 2nd.season

FF14ネタ中心の趣味ブログ!

Steam 旧正月セール開催中!

Steamの大型セールであるWinter Saleから1ヶ月。春節に合わせて2/12~2/16の期間で旧正月セールが開始されました。今回はWinter Saleに引き続き40%オフになっている「Muv-Luv Alternative (マブラヴ オルタネイティヴ)」をピックアップしてみます。

 

発売から15年が経つ「Muv-Luv Alternative (マブラヴ オルタネイティヴ)」。2021年10月からアニメがスタート。さらに正統続編「Muv-Luv INTEGRATE(マブラヴ インテグレート)」の製作も発表されていますし、まだまだ目が離せない作品です。

 

 

マブラヴ オルタネイティヴとは?

f:id:leossan:20210212171821j:plain

Muv-Luv Alternative公式サイトより引用

マブラヴ オルタネイティヴ」は2003年に発売された王道学園アドベンチャーマブラヴ」の続編にあたり、私的にはシリーズの頂点だと感じております。

1作目の「マブラヴ」は、超王道学園アドベンチャーというだけあって、「これでもか」と言うくらい王道の恋愛アドベンチャーが展開される「EXTRA」と、ある条件を満たすと解放される「UNLIMITED」の2作で構成されています。

「UNLIMITED」では、地球外起源種「BETA(ベータ)」と戦争をしている平行世界で物語が進み、主人公は戦術機と呼ばれる人型兵器のパイロット候補生として生きていくことになります。

 

マブラヴ」の発売から3年後、2006年に「マブラヴ オルタネイティヴ」が発売されました。

本来は「Alternative」までを含めて一体で開発が進められていたため、「マブラヴ」では明かされることのなかった謎や伏線もしっかりと解き明かされています。

つまり、「マブラヴ 」と「マブラヴ オルタネイティヴ」は2つで1つの作品と言えると思います。

 

あらすじ

――それは、語られなかった他なる結末。

とてもちいさな、とてもおおきな、とてもたいせつな、

あいとゆうきのおとぎばなし――

 

「UNLIMITED」から3年後――

深い眠りから目覚めた武(主人公)は、以前暮らした「元の世界」にあるはずの、自分の部屋にいる事に気付く。

全ては夢だったのだろうか……?

「元の世界」への帰還を期待する武に容赦のない現実が追い討ちをかける。

カレンダーの日付は2001年10月22日。

部屋の外に広がる瓦礫の荒野。

――武は再び、突然「並行世界」に放り出されたあの日に戻っていたのだ!

世界間の移動に続く、時間逆行。

人智を越えた怪現象に戸惑う武だったが、失望を振り払い、決意を胸に廃墟を行く。

「未来の出来事」を知る者として歴史に関与し、悲劇的な「結末」を自らの手で変える。

――朧気な人類敗北の記憶と、理由のわからない喪失感が、武にそう決意させるのだった。

古い作品なのであまりネタバレを気にする必要はないのかもしれませんが、極力ネタバレは避けておきたいと思います。

マブラヴ アンリミテッド編」で並行世界へと渡った主人公。詳しい結末には触れませんが、人類は敗北し、主人公は時間逆行つまりはループしたところから「オルタネイティヴ」は始まります。

人類の敵「BETA」、組織や国家の軋轢、自らに降り掛かる非情の因果に対して、断片的な「未来」の記憶と3年間の軍経験、そして「覚悟」だけを武器に、たったひとりで戦いを挑む物語になっています。

 

絶望

以前の記憶もあって、順調に訓練課程を終了し正式な任官を迎える主人公たち。だがそれに伴い、以前には起こらなかった事象が起こり始める。

国内での反乱。そしてBETAの襲撃……

f:id:leossan:20210212222028j:plain

初登場となるBETAとの戦闘。

主人公にとっては挫折を味わうと共にトラウマを植え付けられるこのシーン。プレイしている側も油断していると危険なシーンです。

ただ、これがこの世界では普通に起こっている出来事で、その描写が初めて描かれたシーンでもあります。それはメインキャラクター、サブキャラクター関係なく、いつ、どんな状況で起こりうるのかわからない。そんな緊迫感が感じられます。

 

明かされていく謎

オルタネイティヴ」のストーリーは「マブラヴ」で残された多くの謎、伏線をしっかりと回収していく。まるで別物のゲームにすら感じる「エクストラ編」、そして「アンリミテッド編」の物語を整合的に繋げていて、ゲーム中のさまざまな疑問点をきちんと解決していきます。

f:id:leossan:20210212234413j:plain

 

涙なしではプレイできない

絶望、涙、愛、鬱、熱血、希望……あらゆる要素をぶち込んだ「マブラヴ オルタネイティヴ」。それでいてしっかりと練りこまれたボリュームのあるストーリー。まさに傑作と言っていい本作。

数多あるサイドストーリーに加え続編の製作も進んでいるようなので、気になった方はぜひプレイしてみてください。

f:id:leossan:20210213000732j:plain


前作、マブラヴもプレイすべき?

f:id:leossan:20210212174216j:plain

 Muv-Luv公式サイトより引用

続編ということで、「オルタネイティヴ」は「マブラヴ」から地続きの物語になっています。多くの謎や伏線を回収しながら進んでいくストーリーを完璧に楽しみたいのであれば前作のプレイは勿論、キャラ攻略までやるべきだと思うのですが……正直つらいです、特に「エクストラ編」!

私はすべてプレイしましたが、今は考察サイトや内容をまとめてくれているサイトが数多くあるのでそちらで補完するという選択肢もありかもしれません。

 

後述・まとめ

今回は「マブラヴ オルタネイティヴ」について簡単に紹介してみました。

進撃の巨人の作者、諫山創氏もファンということで、本作をプレイしてみると「影響を受けている」と感じる点も多々あるかと思います。

また、以前に紹介した「蒼穹のファフナー」が好きな方も気に入ってもらえる作品ではないかと思います。

気になったら覗いてみてください。

store.steampowered.com

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。