Re:おっさん 2nd.season

建売住宅での日々と趣味を中心に綴っていきます

シリーズ【建売住宅】値引き交渉のコツ、タイミング、相場は?

f:id:leossan:20181214194306j:plain


住宅は高額な買い物ですから少しでも安く購入したいと思うのは消費者心理として当然だと思います。実際に私は200万円の値引き交渉に成功しています。今回はどのように交渉を行ったかをお話していきます。

 

そもそも完成間もない建売住宅って値引できるの?とお思いの方もいるでしょうが、値引きは高確率で出来る、成功すると思っていいです。

もちろん理由があります。順を追ってお話していきましょう。

 

 

値引き交渉の時期はいつ?

値引き交渉は契約以前に行う。これは絶対に守ってください。契約後に値引き交渉は出来ませんし相手方に不信感を与えるだけではなく、契約違反で違約金を請求されかねません。ですから、必ず契約前に値引き交渉をしてください。

遅くとも購入申し込み書を提出するまでには交渉をしてください。この申込書には購入希望価格、契約日も記入するためこれ以降の交渉は難しいです。

 

値引き額の相場は?

値引き額の相場を知る方法は正確には無いのですが、自分が購入しようとしている建売住宅が売りに出されてからどの位経っているのかを確認しましょう。建売住宅は時間が経てばたつほど値下げ額が大きくなります。

もし可能であれば近場に建っている同社、競合他社の建売住宅の値下げ情報を調べ交渉の材料としましょう。同等の値引は可能です。

ちなみに端数切り、1980万円から80万円を引いてくれという交渉であれば大抵成功します。100万円以内の値引きは成功しやすいです。

 

交渉は値引き交渉のみにする

建売住宅は単体では住むのが難しく(そう作られている)、多くのオプションが用意されています。値引き交渉をしながらこれらのオプション設置してほしいという交渉を並行して行うのはやめましょう

私は値引き交渉後にオプションについて少し話をしたのですがこちらは値引き交渉以上に拒絶されました。

「網戸くらいなんとかなりません?」と軽く話したつもりだったのですが、本気で嫌がられました。オプションの設置業者は違うのでその辺の絡みなのかもしれませんが、どちらにせよ”二兎追うもの一兎をも得ず”といいます。値引き交渉に全力を注ぎましょう。

 

決算期を狙う

これは住宅に限った話ではありませんが、決算期は会社の売上目標達成のために営業活動を熱心に行います。私の勤めている会社でも決算期は値引きをしてでも目標達成に向けて営業活動が活発になります。

購入のタイミングはその人の考え次第なので、狙うことは難しいでしょうがこのタイミングに良い物件に巡り合えたらラッキーだと思ってください。かなり高確率で普段より値引きしてもらえると思います。

 

しっかりと購入する意思をみせる

交渉する相手も人間です。購入する意思をしっかりと示さない”冷やかし”であれば対応もおざなりになるでしょう。オーバーな素振りは必要ありません、誠意をもって話しましょう。

 

私が200万円値引きをしてもらった交渉手順

まず初めに私の住んでいる地域はすでに建売住宅が多く建てられています。不動産情報サイトを見ると建築前から販売していますが、実際に売れだすのはほとんどが家が完成した後です。

私が値引き交渉を切り出したのは2度目の内覧の時です。

それ以前に近くの建売住宅(同社、他社両方)を見て回り、販売価格をしっかりと覚えました。この時見て回った物件は買うつもりがありません。ですのでいきなり値引きの交渉をしてどの程度引けるのかを確認しました。

少々強引ですが実際に同地域内での値引きの相場が分かります。もう一度言いますが、買うつもりがないのでいきなり値引き交渉をしました。実際に購入するつもりの物件ではやめておいたほうが無難です。

 

実際のこの地域の値引き相場は100万円~150万円程度といったところだったので、ふっかけて200万値引きしてくれと言いました。もちろん購入する意思はしっかりと示しています。

最初の返答は「100万円なら私の裁量で可能」という事でした。それ以上は売主に確認しないと返事が出来ないと言われたので「同じアーネストさんの〇〇の物件(近場の建売)は〇〇万円でしたけど、同程度にできませんか?」と念を押しました。

 

私の担当の仲介業者さんはその場で売主に電話をして交渉をしてくれました。

売主さんと20分ほど話した後に「200万円の値引きをすれば契約しますか?」と聞かれたので「今すぐにでも」と返答しました。実際には今すぐ契約できる訳ではないので、私の意思表示としてそう伝えました。

 

結果的に2080万円の物件が1880万円になったわけですが、値引き金額は漏らさないで欲しいと念を押されました。ですが、もう住んでる区画は全部売れてるので問題ないでしょう。

 

建売住宅は時間が経てば驚くほど安くなります。実際、私の購入した区画でも最後まで売れ残った2件は1400万円まで値下げをしています。立地の関係(ゴミ置き場横&すぐに道路)で元々200万円程安い物件ですが思い切ったなぁと感じました。

 

まとめ

建売住宅は基本的に値引きして購入するものだと考えてもらって良いです。余程立地が良くて人気がない限りは値引きが可能です。

私が実際に聞いて回った値引き額の相場は100万円~150万円、また100万円以内の値引き交渉なら高確率で成功します。

販売開始から数か月経った建売住宅は格安で購入が可能になりますので狙い目です。ただし、売れ残っているのには絶対に理由がありますのでしっかりとチェックすること!

何より誠意は大事です。しっかりと購入の意思を見せて交渉に臨んでください!

 

今回も読んでいただきありがとうございました。